HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > カーリー・フィーバー止まらず! 洋楽チャート7週目の1位を...

カーリー・フィーバー止まらず! 洋楽チャート7週目の1位を死守、フィリップ・フィリップスが遂に2位に

 ビルボードジャパンの洋楽チャート“Hot Overseas”の7週目の首位に立ったカーリー・レイ・ジェプセンの「アイ・リアリー・ライク・ユー」。


 エアプレイ以外の指標で先週のポイントを大幅に上回り、今週7週目の1位に輝いたカーリー・レイ・ジェプセン。特にストリーミングが絶好調で、この指標においては先週に比べ2倍のポイントを獲得している。【SUMMER SONIC】と単独公演まであと2週間、2位とは3倍以上の差をつけてチャートインしていることもあり、このまま今夏中はずっとトップをキープすることが予想される。加えて、【FUJI ROCK FESTIVAL‘15】でのアウル・シティーの来日効果もあり、チャートイン52週目となる「グッド・タイム with アウル・シティー」が今週再びTOP10入りし、6位につけている。


 2位にランクアップしたのは現在来日中のフィリップ・フィリップスによる「ゴーン、ゴーン、ゴーン〜ずっと君のために」。各地でのパワープレイを経て、遂にエアプレイ・チャートで1位になったこの曲。今週前半には『スッキリ!!』やラジオの生放送などに出演し、メディア露出を稼いだこともあり、来週はさらにポイントを上げてくることが予想されるが、カーリーの驚異的なポイント数には及ばないだろう。4位に上昇したのは、ケミカル・ブラザーズの「ゴー」。予想通り、エアプレイでポイント稼ぎ、エアプレイ・チャートで先週11位から3位に大幅にランクアップしたことを受け、TOP5入りした。


 15位に初登場したのはアレクサンドラ・スタン&インナによるコラボ曲「ウィ・ワナ feat.ダディー・ヤンキー」。デジタル・セールスが好調で、ルーマニアを代表する美女2人によるセクシーなMVも話題となっており、6月上旬の公開から現在までで1千万回以上視聴されている。もう一曲の初登場は再来日も決定したサム・スミスによる「リスタート」。先日公開されたディスクロージャーと再びタッグを組んだコラボ・トラック「オーメン」も近々チャートインしてくることが予想される。

Billboard JAPAN|Daily News 2015年7月29日 15:15:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる