海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > AZU 初の凱旋ワンマンで名付け親MEG/親友蒼井そら/師匠SEAMO...

AZU 初の凱旋ワンマンで名付け親MEG/親友蒼井そら/師匠SEAMOらと豪華コラボ 男性ファンと濃厚な公然ハグも

 今年1月に豪華アーティストが参加したコラボアルバム『Co.Lab』をリリースしたAZU。4月4日より全国ツアー【AZU LIVE TOUR 2015 〜Re:START みんなでAZUとCo.Labっちゃお〜】を廻っていたが、その最終公演を三重県津市リージョンプラザ お城ホールにて開催した。


<音楽性の違いで袂を分かった2人が今再び、しかもこの地で>


 このツアーでは、前述のコラボアルバム参加アーティストも各所にゲスト出演し、AZU史上最も豪華でフレンドリーな内容となり、地元である三重県でのツアーファイナルはフレンドリーを通り越し、そこに居合わせた全ての人々がファミリーであるかのようなハートフルな公演となった。オープニングは、彼女が三重に住んでるときに結成したJAZZY BLAZEのラッパーであり、なんと“AZU”の名付け親でもあるMEGと『Co.Lab』の1曲目でもある「LIAR'S GAME」を投下。かつて音楽性の違いで袂を分かった2人が今再び、しかもこの地で肩を並べ声を交わらせる。その感慨深さは当人同士にしか分からないことだが、2人の歌とラップの再会はホール中のオーディエンスを一気に高揚させた。


<地元から飛び出して掴んだデビュー以降の軌跡、全身全霊の歌声で>


 最初のMCでは、「初めて三重県でワンマンライブをやらせて頂いてます。今日はみんなでCo.Labって、楽しくて、最高の1日にしたいなと思ってます。今日は最後までどうぞお付き合いください、よろしくお願いしまーす!」と勢いよく挨拶しつつも、この日は凱旋ライブということで、客席には家族や親戚や友人もたくさん。「実はちょっと恥ずかしい感じもあるの。「あ、私、この人にオムツ変えてもらったことある!」とか(笑)」とやや本気で照れたりする場面ももありつつ、AZUは自分の大好きな人たちへ1曲でも多く届けようと“いいとこ取りメドレー”“バラードメドレー”等も駆使しながら、地元から飛び出して掴んだデビュー以降の軌跡を全身全霊の歌声で届けていく。


<母子家庭で育ったAZU「生んでくれてありがとう」という想いを歌に>


 ライブ中盤では、自身が母子家庭で育ったことについて触れると、「すごくすごく親には迷惑をかけて、ほんまにほんまに困らせて、お母さんに向かって「なんで私は生まれてきたんだよ!」とたくさんたくさん責めたこともありました。でもだんだん大きくなって、たくさんの人と知り合って、人間関係を知って、世界を知って、自分ひとりだけでも生きていくことがどれだけ大変なことか、そういうことをたくさん学んで、親の有り難みを知って、初めて書けた楽曲です」と、自分と弟を必死に育ててくれた母に向けて「Angel」を披露。この曲もまたこの場で歌うことで(聴くことで)深みを増し、多くの人々が両親への「生んでくれてありがとう」という想いを芽生えさせたことだろう。


<男性ファンに「ギュッとして、ギュッって」蒼井そらやSEAMOも登場>


 と、感動的な場面を創造したかと思えば、終盤には「ラッキーボーイ・ラッキーガール」なるコーナーで、客席からランダムにステージへと引き上げたファン(この日はカップルで来ていたイケメン?)の膝に乗りクネクネ、自身の腰に腕を回すように即し、「ギュッとして、ギュッって」と濃厚なハグを繰り広げながら(本人曰く「辱めながら(笑)」)「Tonight's The Night」をポップに艶やかに歌唱。あらゆるライブにおいて最上級と思われるファンサービスに観客は度肝を抜かれつつも、AZUらしい演出を大いに楽しんでいた。そこへさらにAZUの親友・蒼井そら、師匠であり恩人でもあるSEAMOとの生コラボレーションアクトが畳み掛けられ、会場のテンションは当然ながら最高潮に。


<まさかの「ビター・スウィート・サンバ」お祭りモードのアンコール>


 本編最後をみんなと歌い踊った「Smile in your face」で締め括ると、エフエム三重主催の公演にも関わらず「ビター・スウィート・サンバ」が会場に流れ出し、女性ダンサーの2人がAZUをゲストに見立てたラジオ番組をオンエア……というか、ラジオ番組風コントを場内放送し、そこから強引にアンコールへと突入してみせたことで会場の空気は何でもアリ状態、完全なるお祭りモードとなり、今日一日素晴らしい音楽を届けてくれたバンドメンバーとも、ステージを埋め尽くすほどの数のダンサーたちとも、そしてAZUと相思相愛の観客とも一丸となって、タオルを振り回しながら歌って踊って大はしゃぎ。


<「また津に戻ってきたいな。津でワンマンしたいなって思うんです」>


 そして「メジャーデビューをしまして9年目を迎えるんですけど、たくさんたくさんいろんな人に支えてもらいました。ここにいるファンのみんなもそうやし、なかなか会えへん家族もそうやし、大事な大事な仲間もそうやし、そしてここにいるスタッフも、みんなが私を育ててくれて、支えてくれて、私はこうやって歌えてるんだなと、いつもいつも感謝してます。三重でのコンサート、実は今回、最初で最後かなと思ってたんです。でもやっぱりこうやってみんなが「おかえり〜!」って言ってくれると、また津に戻ってきたいな。津でワンマンしたいなって思うんです。だからそのときはぜひ皆さん、また力を貸してください。よろしくお願いします!」と一礼し、最後はまるでこの日の為に生まれたかのような、三重県津市のことを想って書いた1曲「Sweet Home」をお届け。


 おかえりの声と
 その笑顔が
 優しく響いてるよ


 この日最大にエモーショナルな歌声で地元への、そして自分を支えてくれる人々への想いを届けると、彼女は満面の笑みで出演者全員をステージに呼び戻し、横一列に並んで手を繋ぎ、感謝の礼と歓喜のバンザイ! マイクを通さず「今日は本当にありがとうございましたぁ!」と告げ、「明日3時に伊勢神宮ねぇ〜!」とまるで友達との別れ際のように手を振ると、全国9か所にわたる全国ツアーの幕を閉じた。再びこの街でAZUがワンマンをやる日まで、この先も彼女の動向に注目してほしい。


取材&テキスト:平賀哲雄
撮影:MINEO


◎ライブ【AZU LIVE TOUR 2015 〜Re:START みんなでAZUとCo.Labっちゃお〜 FINAL】
07月18日(土)三重県津市リージョンプラザ お城ホール セットリスト:
01.LIAR'S GAME Co.JAZZY BLAZE
02.crazy,wise 'nd sexy
03.Broken Heart
04.Champagne Gold
05.時間よ止まれ
06.コイイロ
07.いますぐに
08.Ring〜M&M〜
09.Promise
10.だいじなひと
11.I WILL
12.AS ONE
13.Angel
14.RAINBOW
15.We LOVE
16.Summer Time!!!
17.CHERISH
18.JEWEL SKY
19.Tonight's The Night
20.THE WAY I AM Co.蒼井そら
21.YMD Co. SEAMO
22.Smile in your face
23.I like u
24.LOVE HUG
25.Sweet Home

Billboard JAPAN|Daily News 2015年7月23日 19:45:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • 全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる