HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > Album Review: お祭り番長ピットブル、原点回帰のスパニッシ...

Album Review: お祭り番長ピットブル、原点回帰のスパニッシュ・アルバム第2弾

 シーズン到来。昼夜問わず熱くなるこの季節、夏本番を迎えるにあたって、車内にフロアに、常備しておきたいアイテム、ピットブルの新作『ダーレ』が、7月17日(日本盤は8月5日)にリリースされる。


 本作は自身の原点に回帰した、『アルマンド』(2011年)に続く、スペイン語歌唱によるスパニッシュ・アルバムの第2弾。これまでのヒット曲に通ずるヒップ・ホップ感覚を残しつつ、マイアミ・シンガーとしての信念を貫いた、思わず腰が浮きまくるラテン・サウンドが散りばめられた、まさに“踊るための”アルバムに仕上がっている。


 リオのカーニバルを彷彿させるような、露出の高い衣装を纏った美女をバックに、現地の祝祭が蘇るテイストの先行シングル「ピエンサス」では、キューバのナイト・フロアで流れないことはない、レゲトンの代表格であるジェンテ・デ・ソーナとコラボレーション。10年ほど前、日本でも小ブレイクしたレゲトン界において、これほど息の長いアーティストも珍しく、彼らの実力も折り紙付き。


 それから、日本ではプロモーション・シングルとして先行で配信された、「バッデスト・ガール・イン・タウン」に、コンゴ出身のR&Bシンガー、モホンビと、エルトリコ出身のレゲトン・アーティスト、ウィシンというラテン界を盛り上げる2大アーティストを迎え、ホーンが鳴り響く、フロアライクなマイアミ・サウンドをアプローチした。


 英語からスペイン語に移行したとて、これまでのピットブル・サウンドと、何か大きく違ってしまっている…ということもなく、我々日本人の耳には、オリジナル・アルバムの続編として、違和感なくすんなり入ってくる。


 ただ、昨年末にリリースされ、「タイム・オブ・アワ・ライヴス」や「ファン」といった、大ヒット・シングルを生み出した8thアルバム、『グローバリゼーション』と明らかな違いを感じるのは、スペイン語歌唱を含め、サウンドやリリックから醸し出される“夏感”ではないかと。オール・タイムというより、夏を盛り上げるべく作品として取り上げるなら、間違いなく、この『ダーレ』に軍配があがる。


 2009年の夏、突如シーンに現れるや「アイ・ノウ・ユー・ウォント・ミー」がモンスター・ヒットとなり、同夏のミュージック・シーンを盛り上げた、ピットブル。失礼ながら、完全な“一発屋”かと侮っていたのも束の間、「ホテル・ルーム・ サービス」、「ヘイ・ベイビー」、そして初のNo.1をマークした、「ギブ・ミー・エブリシング」と、途切れることなくTOP10ヒットを生み出す、トップ・アーティストとなった。


 そのブレイクから6年、どの年のチャートにおいても、彼の名前がクレジットされなかったことはないが、そういったヒットメイカーとしてのピットブルはさておき、本作『ダーレ』では、ラテン、レゲトン、ダンスポールといった、ラテン・ミュージックに特化した彼のスタイルを、夏の暑さと共に体感していただきたい。


Text: 本家 一成


◎リリース情報
『ダーレ』
ピットブル
2015/08/05 RELEASE
2,376円(tax incl.)

Billboard JAPAN|Daily News 2015年7月15日 18:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる