HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > Dorothy Little Happy 5人が青春を費やして表現した一大絵巻...

Dorothy Little Happy 5人が青春を費やして表現した一大絵巻、誠実過ぎた結末……別々の道へ callmeは最新曲配信

 「誰かの心の支えになれる存在でありたい」その想いを胸に質の高い、そして温もりのある音楽とパフォーマンスを誠実に届けてきたアイドルグループ Dorothy Little Happy(ドロシーリトルハッピー)。7月12日、憧れの地・中野サンプラザにて5周年記念ツアーの最終公演を開催した。


<世界中でここ中野サンプラザが一番楽しいライブにしたいと思いまーす!>


 この日の公演は、事前にアナウンスされていた通り、秋元瑠海、富永美杜、早坂香美の卒業コンサートでもあり、5人時代のラストステージをその目と耳に焼き付けようと全国からファンが集結。「中野サンプラザ! 最後まで盛り上がっていきましょー!!!」超満員の光景にメンバーも自ずと気合いが漲り、オープニングの「Tell me tell me!!」「未来への虹」「Breaking through」から眩いほどキラキラ輝いた表情と歌声、そして一糸乱れぬ5人の息の合ったパフォーマンスを披露してみせる。その姿に泣きじゃくりながら「オイ! オイ!」と拳を振り上げる者、これほどまでに完成度の高いライブができる5人の離別に「もったいない」とこぼす者、5人の美しいステージングにただひたすら見惚れる者など、5人時代最期の時間と対峙する者たちの様々な想いが会場を駆け巡る。


 「Dorothy Little Happyの富永美杜です。皆さん、今日は最高の1日にしましょう! よろしくお願いしまーす!」「はい、秋元瑠海です。よろしくお願いしまーす!」「皆さん、こんばんはー! Dorothy Little Happyの早坂香美です。今、私の目にはみんなの顔が見えてます。今日は最高の1日にしましょう!」「白戸佳奈でーす! 皆さん、今日はお集まり頂き、本当にありがとうございます!」「はい、高橋麻里です! 今日も麻里の歌声であなたのハートを癒してあげちゃいますっ! 一緒に楽しもうねー!」5人時代最後の自己紹介も全員元気いっぱい。メンバーの卒業公演と思えないハッピーグルーヴ全開で、誰もが純粋にこの瞬間を楽しんでおり、「今日は世界中でここ中野サンプラザが一番楽しいライブにしたいと思いまーす!」この宣言通りポジティブなライブが本編最後まで貫かれていた。


<5人のドロシーがその青春を費やして表現してみせた一大絵巻>


 特に終盤の幸福感のスパークぶりは半端なく、フリートークを許された富永美杜が「いいの!? やったー!」と歓喜し、お弁当に入っていた肉だんごの話から「そういえば、佳奈ちゃん、昔、肉だんごって呼ばれてたんだっけ?」と暴露して注意されたり、それでも脈略なく自由に喋り続ける暴走ぶりで笑いを誘う。そんな和気藹々としたMCタイムを経て「HAPPY DAYS!」から突入した本編最後の畳み掛けは、アイドル史に刻まれるべき名演であった。「諦めないで」「2 the sky」「恋は走りだした」「デモサヨナラ」「ジャンプ!」と名曲ばかりを立て続けにパフォーマンスしていく中で、5人と超満員の観客から湧き上がるエモーションは中野サンプラザを激しく揺らし、まるでワールドカップ観戦級の凄まじい熱気と大歓声を生む。


 歌い踊る5人も、ひたすらその腕を振り上げて叫び続けるファンも、目前に広がる光景のすべてが美しく、すべての楽曲がそこにいる全ての人々の心を鼓舞し、前へ前へと突き進ませる為に機能している世界。「恋は走りだした」における「WOW WOW WOW WOW〜♪」も、「デモサヨナラ」における「オレモー!」も、その楽曲の内容はアイドル然としたラブソングかもしれないが、共に歌い叫ぶシンガロングの熱量と美しさはコールドプレイのソレにだって匹敵するであろう、「世界中で一番」と感じられるものだった。5人のDorothy Little Happyがその青春を費やして表現してみせた一大絵巻であり、ようやく辿り着いたひとつの夢の形。これを目の前に涙を堪えるのは無理だろう。多くの者が泣きながら5人に大喝采をいつまでも贈り続けた。


 「今回のツアーは今までのドロシーの中で一番長かったし、一番いろんなところへ行って、久しぶりのところに行ったり、初めての場所に行ったりで、本当にどこの公演もすごく楽しかったです。でもだんだん今日が近づくにつれて、12日が来てほしくないなぁーっていう気持ちもあったりして、すごく複雑な気持ちでした。でもこうやってステージに立って、こんなにたくさんの人の前で歌うことができて、今日は本当に最高だったなと思います! 本当にありがとうございます!」


 このライブの模様は、9月23日にリリース予定のBlu-ray Disc/DVD『Dorothy Little Happy Live Tour 2015 5th Anniversary 〜just move on〜 Final at NAKANO SUNPLAZA(仮)』に収録されるはずなので、当日会場に足を運べず、SNS等での情報でしかこのライブを捉えられていない人には是非ともご覧頂きたい。


<5人はそれぞれ本当に素敵な夢を持っていると思います>


 最後に、アンコールで5人のメンバーがそれぞれに胸中を語った場面について触れたい。BGMなしの無音の中、超満員の観客やスタッフ、関係者全員の目線を一身に集める中で、まずは早坂香美が声を震わせながらも、自分を鼓舞させながらこう語った。


 「今までこの5人で一生懸命、前を向き続けて……走って、時には歩いたりしながらも時間を過ごしてきました。でも上手くいくことばっかりじゃなくて、悲しいときがあったり、このまま立ち上がれないんじゃないかなって…………思ったときもありました。でもこうやって今、笑って楽しくステージで歌えて踊っていられるのは、5年間で培ってきた成長があったからだと思います。いつも近くで言葉をかけてくれる皆さんがいたからだと思ってます。これからもう5人でのステージは無くなってしまうんですけど、この5年間で培ってきた大切で大好きな時間を胸に持ちながら、進んでいきたいと思います。5人はそれぞれ本当に素敵な夢を持っていると思います。今日、早坂香美はこのステージでDorothy Little Happyとしての幕を閉じてしまいますが、これからも変わらず進んでいく、変わらず笑顔で進んでいくこの5人の応援をよろしくお願いします!」


<変わっていくことが……怖いです!>


 続いて、今にも過呼吸になりそうな号泣状態で、それでも何とか想いを届けようと富永美杜が語る。


 「Dorothy Little Happyの富永美杜です。今日は皆さん来て下さって本当にありがとうございます。この自己紹介が出来るのも今日で最後になりました。私の5年間、Dorothy Little Happyの5年間を振り返ると……振り返りきれないけど! たくさんの思い出があります。どんなにツラいこと、苦しいことがあっても、今、こうして、5年間過ごしてみると、Dorothy Little Happyの思い出は、私には全部、全部輝いて見えます! Dorothy Little Happyは私の、私の唯一の! ……誇りの部分でした。何にも出来ない、何にも出来なかった私が唯一自信を持って、誇れる部分でした。「Dorothy Little Happyの富永美杜」……何度もこの名前に救われてきました。Dorothy Little Happyは私に強さをくれました! 佳奈ちゃん、麻里ちゃん、瑠海さん、こうみんは、私のことをずっとずっと支えてきてくれました。私の大切な、大切な居場所です。だけど、私は今日、この大好きで! 大好きで、大切な場所だったDorothy Little Happyを卒業します! 私にはどうしても叶えたい夢があります。どうしてもなりたい自分がいます。それに向かっての決断でした。決めるときは、本当にツラかったです。本当に苦しかったです。発表したときは……責任感に押され、逃げ出したくもなりました。だけど、逃げてしまったら、今まで輝いて見えたDorothy Little Happyの5年間が私の中で消えてしまうし、ここで逃げたら前への道も消えてしまう。正直、すごく不安です。変わっていくことが……怖いです! 前を照らしてくれる先輩がいなくなることは、私の中で本当に怖くて、こんなにも不安なものなんだって実感しています。だけど、私には叶えたい夢があるから、今日、卒業して、前を向いて歩いていきます。どんなにツラいことがあっても、今までの5年間を思い出して、支えてくれた皆さんの笑顔を思い出して、進んでいこうと思います。この決断は絶対に……(以降、何を話しているのか聞き取れない状態に。それでも何かを最後まで訴え続け、膝から崩れ落ちた)


<Dorothy Little Happyはこの5人でした!>


 富永美杜が止まらない涙を拭いながら立ち上がると、拍手喝采。3人目の卒業メンバー 秋元瑠海は少し間を開けて話し始めた。


 「Dorothy Little Happyの秋元瑠海です。今日はお集まり頂いてありがとうございました。13歳から始めたDorothy Little Happyは、中学校、高校と一緒に過ごしてきて、振り返るとDorothy Little Happyしか思い出がないんですけれども、自分の青春っていうのをDorothy Little Happyに全部費やして良かったなって、今日のステージに立って本当に思いました。5年間、すごく長かったな……。いろんなことあったし、いろんなこといろいろ思ったんですけど、この5人でやってきたからこそ、今日、ここの中野サンプラザに5人で立つことが出来たんじゃないかなって思います。決して1人でやってきた訳ではなくて、本当に支えてくれるスタッフの皆さん、家族のみんな、メンバーのみんな、そして何より応援して下さるファンの皆さんがいたから、5年間やってこれたと思います。…………………………私は、Dorothy Little Happyでいたかった! 去年の9月に「今後、Dorothy Little Happyはどうしていこうか」っていう話し合いがスタッフ、家族、メンバーみんなの中でありました。そのとき、5人の意見はまとまりませんでした。もちろん、みんなそれぞれに夢を持っています。でもこの5年間、ひとつの夢に向かって5人で走ってきました。5人の意見がまとまらなくなり、私は事務所の提案したDorothy Little Happyの方向性についていけませんでした。5年間、Dorothy Little Happyとして叶えたい夢があって、それだけを信じて! ……やってきました。その夢を叶える為にはどうしても環境を変えなければいけなくなりました。5年間、そして今日7月12日で、私はDorothy Little Happyを……自分が叶えたい夢を、5年間信じてきた夢を掴み取る為に卒業します。今日で私はDorothy Little Happyでは無くなってしまうけれど、私の中にDorothy Little Happyはずっと生き続けます。それが私の唯一自慢できることだったから、私が信じてきたことを……明日から人生の一歩としてまた踏み出していきたいと思っています。Dorothy Little Happyはこの5人でした! それをみんなに忘れないでほしい! みんなの中でもこの5人のDorothy Little Happyが残っていてほしいと思ってます。明日から私たち5人はそれぞれ自分の夢の為に違う道を歩いていくけれど、みんなの夢が叶うように、みんながこの先の人生も幸せで生きていけるように、そしてDorothy Little Happyのファンでいてくれた皆さんが幸せであるように、願わせてください。そしてこの5人のことをこれからも皆さんに見守っていってほしいと思ってます。本当に私はDorothy Little Happyになれて良かったです。そしてスタッフの皆さんに、メンバーのみんなに出逢えて本当に良かったと思います。本当に5年間、たくさんの愛を、たくさんの応援をありがとうございました!」


<自分の意思っていうものがステージに立つ人間にとっては一番大事>


 と、Dorothy Little Happyから卒業する理由を丁寧に説明。この後、Dorothy Little Happyとしてこの先も活動していくメンバーの出番となる。まずは高橋麻里。


 「私は3人の卒業を聞いたときに、とてもイヤでした。すごくイヤで、「なんでだろう?」とも思ったし、「絶対辞めてほしくないな」と思いました。でもこうやってステージに立ちたいって思うのは自分の気持ちだから、自分のやりたいこと、自分の意思っていうものがステージに立つ人間にとっては一番大事なんだなって、そのとき思いました。なので、今日でDorothy Little Happyは5人ではなくなってしまいますが、私はこれからもDorothy Little Happyのメンバーとして歌っていきます。5年前、Dorothy Little Happyを結成したときから私はメインボーカルとして歌わせて頂きました。なので、これからも変わらずドロシーのメインボーカルとしてドロシーを引っ張っていけるように、ドロシーを創っていけるように、私は頑張っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします!」


<じゃあ、なんでバラバラになっていいって言ったんですか>


 そしてリーダーの白戸佳奈が最後に語り始めた。


 「Dorothy Little Happyの白戸佳奈です。えーっと……今の4人の話を聞いて、言おうと思っていたこともよく分かんなくなっちゃって、私は何を言えばいいのかなってすごく複雑な想いになりました。私もDorothy Little Happyは5人でやっていきたかった」


 ここで隣にいた秋元瑠海が突然「じゃあ、なんでバラバラになっていいって言ったんですか、あのとき」と鋭く問いかけた。「いや、それはさ……それは違うじゃん。3人が卒業するってメンバーから私は聞いてない」「言ったじゃないですか」「私は電話でスタッフさんから聞いて「なんで?」って思った」ここから話はいわゆる水掛け論となり、永遠とも感じられる長く重苦しい時間と空気が流れる。「このまんまじゃドロシーがバラバラになっちゃうから、意見を合わせましょうって言ったら「バラバラになってもいい」って言ったじゃないですか」「私、そんなこと言ってないよ!」「言いましたよ。その一言で決めたんです」「たしかにあのときは意見がまとまっていなかったけれど、3人が卒業しても全然構わないんなんて私思ってないし、言ってもないし、5年間やってきて私がどうなってもいいって思うと思う?」


 その後も噛み合わない公開口論が続く中で、流れを変えたのは高橋麻里だった。「応援してくれているのはファンの皆さんだから、ファンの皆さんに一番、私はこういう姿は見せてはいけないと思う」と勇気を振り絞り仲裁に入る。


<私たちだけでは解決できないことだと思います>


 これに平常心を取り戻した白戸佳奈は、「せっかく今日こんなに素敵なステージを用意してもらったのにこんな話をしてしまって本当にすみません。3人が卒業するってなっていろいろありました。これはメンバーだけの問題じゃなくて、本当のことを言えば大人の人たちも関わってるし、だから私たちだけでは解決できないことだと思います。でも私の想いを言うのであれば、3人には卒業してほしくなかったけれど、3人がそう決めて新しい夢に向かって頑張るって言うんであれば、そっちの道でしっかりと最後まで頑張ってほしいと思っています」と語り、少しの沈黙のあと「曲、歌えますか?」と問い掛ける。この一言で笑いが起き、会場の空気は優しさを取り戻す。


 また、秋元は「いろんなこと、今もいっぱい起きてるけど、いろいろ起きてるけど、でもみんなのことを嫌いになったことは一回もないです。いつだって真剣にみんなでこうやってぶつかってきて、いつだって5人でやってきたから今日ここに立ってると思います。見ての通り…………みんな、結構強気です。だから必ず5人全員自分の夢を叶えると思います。皆さんには5人全員が夢を叶えるのを見届けてほしいです」そして白戸が「最後の1曲、この5人で歌うので、皆さん、目に焼き付けてください! 今日はツアーファイナルだけど私は終わりだけのライブにしたくなかった。ドロシーに残る2人も、そしてドロシーを卒業する3人にとっても、未来に繋がるライブにしたかった。だから私は最後に「未来へ」をセレクトしました」と語り、曲はラストソング「未来へ」。


<ここで終わりではなく、ここから始まった5人>


 この「未来へ」のパフォーマンスもまた先までの凍った世界の当事者とは思えない、ポジティブの限りを尽くした歌とダンスであったところにDorothy Little Happyの凄さはある。ゆえに、正直に記せば、ここまで公の場で真相も露わにして、5人全員がDorothy Little Happyを愛して止まないこともよく分かった今、もっと言えば、前代未聞の公開口論さえもDorothy Little Happyに対して各々が各々の形で誠実過ぎた結果でしかないと捉えれば、この最強の5人で今後も続ければいいじゃないかと思ってしまう。


 しかし、秋元瑠海、富永美杜、早坂香美の3人はcallmeとして早くも7月29日に配信限定EP『callme -EP Vol.1』、10月28日に1stアルバムをリリースすると発表。白戸佳奈と高橋麻里も2人でのDorothy Little Happyの活動をスタートしている。夢を本気で叶えようとするアイドルは立ち止まれないのだ。今の時代、アイドルは星の数ほどいるが、こんなアイドル人生を歩んでいる5人は実に稀有だろうし、この経験を「5人全員自分の夢を叶える」未来へと繋いでほしいと切に願う。また、ここで終わりではなく、ここから始まった5人にぜひ注目してほしい。


取材&テキスト:平賀哲雄


◎ライブ【Dorothy Little Happy Live Tour 2015 5th Anniversary 〜just move on 〜】
07月12日(日)中野サンプラザ セットリスト:
01.Tell me tell me!!
02.未来への虹
03.Breaking through
04.just move on
05.インマイライフ・フォーマイライフ
06.GET YOU
07.STARTING OVER
08.それは小さな空だった
09.ASIAN STONE
10.やさしい雨
11.Life goes on
12.colorful life
13.look at me
14.ストーリー
15.HAPPY DAYS!
16.諦めないで
17.2 the sky
18.恋は走りだした
19.デモサヨナラ
20.ジャンプ!
21.14回目のありがとう
En1.over there
En2.Singing
En3.未来へ


◎Blu-ray Disc/DVD『Dorothy Little Happy Live Tour 2015 5th Anniversary 〜just move on〜 Final at NAKANO SUNPLAZA(仮)』
2015/09/23 RELEASE


◎配信限定EP『callme -EP Vol.1』
2015/07/29 RELEASE
配信曲:
01.change my life
02.My affection
03.Precious
04.For you
05.My Style

Billboard JAPAN|Daily News 2015年7月14日 22:55:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 新作PICK30%OFF
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる