HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ウィズ・カリファ 遂に10週目の米ビルボード・シングル・チャ...

ウィズ・カリファ 遂に10週目の米ビルボード・シングル・チャートNo.1に、年間首位にも王手

 ウィズ・カリファ feat. チャーリー・プース、歴代記録をまた更新!「シー・ユー・アゲイン」がいよいよ10週目の首位をマークした、今週の米ビルボード・シングル・チャート。


 通算10週のNo.1マークは、歴代30曲目となる記録。それも、同年で2曲連続(マーク・ロンソン&ブルーノ・マ−ズ「アップタウン・ファンク」の14週)となる記録更新は、過去のチャートを振り返ってもレアなケースといえる。現時点で、今年の年間首位確実ともいわれた「アップタウン・ファンク」だが、この「シー・ユー・アゲイン」がどこまで粘り強さをみせるかで、大逆転の可能性も見えてきている。


 その「シー・ユー・アゲイン」から、一時首位の座を略奪した、テイラー・スウィフトの「バッド・ブラッド」は、3週目の2位タイで停滞。収録アルバム『1989』も、昨年秋にリリースされたにもかかわらず、未だ2位に浮上する強さをみせている。そのテイラーだが、21日にブログサイト“タンブラー”に公開状を投稿、アップルには楽曲を提供しないという内容だった。一方、アップルのエディー氏が、直ぐに著作権使用料を支払うと発表し、穏便に事は片付いたとみえたが、業界や視聴者からは、“出来レースか”との声も上がっている。


 とはいえ、こういったアプローチもセールスが低迷しているミュージック・シーンにとっては、必然だったのかもしれない。そうであったとしても、テイラー・スウィフトの人気は、それだけの影響力があるということを物語った。


 さて、そんな上位に君臨する彼らを驚愕させる勢いでTOP5入りを果たしたのは、今週4位に浮上した、オーミの「チアリーダー」。すでにアメリカ以外の各国でNo.1をマークしているこの曲、「シー・ユー・アゲイン」の記録更新をストップさせる候補の1曲として挙がっているが、たしかに登場数や話題性で分析しても、この曲が次期No.1であることは、明らか。


 上位3者がややポイントを後退させているのに対して、「チアリーダー」は1億4000万回に達したストリーミングポイントをはじめ、ヨーロッパ方面で話題をさらっているリミックスのリリースもあり、セールスも上昇。次週はTOP3入りが確約されているほどで、夏本番にさしかかり、自身初のNo.1をマークするのではないかと思われる。日本でも、ユニークな邦題がつけられて、ブレイクを果たしそうな予感。


 オーミに続き、その勢いはまさに“2015年度ブレイク・アーティスト”といえる、ザ・ウィークエンドの「キャント・フィール・マイ・フェイス」は、先週の24位から12位へ、ジャンプアップを果たした。「ラヴ・ミー・ハーダー」、「アーンド・イット」(今週10位)の大ヒットにより、2ndアルバムのリリースが期待大といったところでリリースされた、先行シングルということもあり、公開されたビデオのポイントを受け、急上昇。次週は「アーンド・イット」にかわってTOP10入りするのではないかと、予想される。

Text:?本家 一成

Billboard JAPAN|Daily News 2015年6月26日 11:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる