海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > Delta Goodrem スペシャル・ショウケース・ライヴをレポート!

Delta Goodrem スペシャル・ショウケース・ライヴをレポート!

7/12(水)東京・恵比寿ガーデンホールにて、10月にデビュー・アルバムをリリース予定の大型新人女性アーティスト、デルタ・グッドレムの日本初お披露目となるスペシャル・ショウケース・ライヴが行なわれた。彼女はシドニー出身の21歳、8歳から始めたピアノで楽曲作りをし、15歳でソニーミュージックと契約、17歳の時にカイリー・ミノーグやナタリー・インブルーリアなどを輩出したオーストラリアの長寿番組『ネイバーズ』に出演。'02年にリリースされたデビュー・シングル「ボーン・トゥ・トライ」の大ヒットをはじめ、その後リリースされたアルバムが通算29週間1位という新記録を樹立したオーストラリアの国民的スターだ。しかし、'03年に重い病気を患い、活動を休止せざるを得ない状況になってしまい、そこから、病気を克服し再びシーンに復帰。そして、ついにここ日本でのデビューが決定したのだ。白いロング・ドレスに身を包んだデルタが登場すると、会場はウットリするほどのオーラに包まれ、日本語で「コンニチハ」と軽快に挨拶をするとグランド・ピアノに向かった。その歌声はどこまでも美しく艶やかで、吸い込まれてしまいそうなほど優しい母性に満ちている。歌に向かっている彼女はとても21歳には見えない大人の魅力に溢れていたが、「みんな、歌って!」と会場に手を振りながらメロディを教えてくれる姿はやはり21歳のお茶目な女の子。そのギャップがとてもキュートだった。そして、デルタが主題歌を手掛けた11月公開予定の映画『アジアンタムブルー』(原作:大崎善生)の出演者である女優の松下奈緒がスペシャル・ゲストとして登場。デルタはこの映画の脚本を読み、主題歌の制作に取りかかったそうで、“愛する人の死を前にしたとき、何ができるか”という映画のテーマに共感したという。また、主演の松下がピアノ・プレイヤーであるという偶然の一致にピンと来るものを感じたそうだ。その映画の主題歌である「Flawed〜埋まらないパズル」をラストに演奏。せつないピアノのイントロから始まり、壮大で感動的なメロディと、デルタの感情のこもった力強い歌声が響き渡った。

(VIBE-NET.COM - music news) 2006年7月13日 18:23:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 20%OFFクーポン発行中!
  • 売りつくしSALE
  • アウトレットバーゲン
  • ANAP Beauty Professional
  • LINEスタンプ
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる