海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > Album Review: ジョアン・ドナート ブラジルの天才ピアニスト...

Album Review: ジョアン・ドナート ブラジルの天才ピアニストによる名演が凝縮されたスタンダード集

 タイトにボサノヴァのビートを刻むリズム・セクションと、軽快にスウィングするピアノ。聴きなれたメロディを、潮風のような心地いいサウンドに包み込んで聴かせてくれる。ジョアン・ドナートの新作は、いつになくオーソドックスな作品である。


 10代ですでにプロとして活動を始め、米国でジャズやラテンをマスター。ボサノヴァ・ブームの頃にはジョアン・ジルベルトを筆頭に多くのミュージシャンを支えてきた。もちろんソロでも数多くのアルバムを残し、とりわけ70年代の名盤『ケン・エ・ケン』や『ルガール・コムン』などはレアグルーヴとしての観点からも評価されているのも周知の通りだ。


 今回発表した新作『ブルー・ボッサ〜スタンダード・コレクション〜』は、そのタイトルにある通りスタンダードをメインに演奏している。自身のオリジナル曲は控えめに、「イパネマの娘」や「コルコヴァード」、「デサフィナード」といったボサノヴァの名曲が多いが、それ以上に「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」や「虹の彼方に」、「オール・オブ・ミー」といったジャズのスタンダードが目に付く。しかし、まったく違和感なく、ピアノ・トリオ編成を軸にジャジーなボッサ・ビートを披露しており、ドナートの軽やかなプレイがとにかく心地いい。老練になると難解になったり、逆に生ぬるくなったりすることがあるが、彼に関してはとても80歳とは思えないみずみずしい音符が鍵盤からこぼれてくるのだ。


 潮風の薫りを運んでくるブラジリアン・ジャズ・ピアノ。2枚組たっぷりに収められた名演を、じっくりと堪能してもらいたい。

Text: 栗本 斉


◎リリース情報
『ブルー・ボッサ〜スタンダード・コレクション〜』
ジョアン・ドナート
2015/05/27 RELEASE
3,240円(tax incl.)

Billboard JAPAN|Daily News 2015年6月3日 16:30:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料324円
  • 楽天キャンペーン
  • ノベルティーキャンペーン
  • 新規会員キャンペーン
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる