HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > カニエ・ウェスト、「バウンド2」のサンプリング巡る裁判が決着

カニエ・ウェスト、「バウンド2」のサンプリング巡る裁判が決着

 カニエ・ウェストがシングル「バウンド 2」(アルバム『イーザス』収録)で使用したサンプリングを巡って起きた2013年の裁判が、和解に至った。


 同裁判は元ポンデロッサ・ツインズ・プラス・ワン(The Ponderosa Twins Plus One)のソウルシンガー、リッキー・スパイサー(Ricky Spicer)が、ウェストをはじめロッカフェラ・レコード、ユニバーサルミュージックグループ、アイランド・デフ・ジャム・ミュージック・グループを相手取り2013年12月23日、許可なく同グループの曲「バウンド」が使われたとして起こしたものだ。3月6日付けで作成された書類が5月11日にニューヨーク裁判所に提出され、同訴訟が中止された。


 2013年、スパイサーはカニエの「バウンド 2」が売れたにも関わらず何の報酬も受け取っていないとし、差し止め命令やパブリシティ権侵害(ニューヨーク州民法51条)、不当利益および著作権侵害における損害賠償を求めていた。


 カニエの「バウンド 2」には、“Bound, bound / Bound to fall in love”と歌うコーラス部にて、加工されたスパイサーの歌声が使用されている。

Billboard JAPAN|Daily News 2015年5月28日 17:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる