海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 『Xファクター』敗者が“歌声いじられた”として番組制作側を告訴

『Xファクター』敗者が“歌声いじられた”として番組制作側を告訴

 人気オーディション番組『Xファクター』に出場した女性サリー・ヘスニス(Sally Hessnice)が5月22日、同番組を制作するFremantle、Syco、Blue Orbit各社を相手取り、ロサンゼルス上位裁判所に訴訟を起こした。ハリウッド・リポーターが伝えている。


 2013年5月に観客の前でパフォーマンスし、オーディションを受けた彼女。申し立てによると、番組のプロデューサーたちが彼女の歌を下手に聞こえさせるよう、収録した音に小細工をしたというのだ。この模様はアメリカで同年9月にオンエアされているが、英米で放映したテレビ局(ITVとFox)に対しては訴えを起こしていない。


 訴状には「オーディションが次のように改ざんされていた」としている。


 a)原告の声(音程、リバーブ、声の滑らかさなど)が、かん高い声で素人っぽく聞こえるようにいじられた。
 b)観客のポジティブなリアクションが、無関心そうな観客の映像に差し替えられた。
 c)原告に向けた審査員たちのコメントやリアクションが、ネガティブな反応に見せるために(原告のいないところで)撮り直された。


 さらには、「加えて、ステージ監督が原告にステージ全体を歩くよう促した。原告はオーディションの最中、ステージ床のいたる所が柔らかくなっていることに気付いた。これは、被告側が彼女のパフォーマンスを妨害するために意図的に行ったもので、オーディションの結果は予め仕組まれていた」と続く。


 果たして告訴する程のものなのか気になるところだが、審査員のサイモン・コーウェルが彼女の気持ちを傷つけただけではないようだ。彼女はプロの歌手だといい、“プロとしての評判が取り返しのつかないほど傷つけられた”と主張。また、“知性・技能・可能性を競う誠意あるコンテストにおいて、その結果を事前に決めるために策略を図ること”を禁じた連邦法に反するとも述べている。


 彼女は精神的苦痛・名誉毀損・誤認を抱かせたプライバシー侵害を意図的に課したとして、200万ドル(約2億4,000万円)の損害賠償、制作者側との契約の無効、被告に対する自身のオーディション映像の使用禁止命令を求めている。

Billboard JAPAN|Daily News 2015年5月25日 16:25:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料0円
  • 楽天ペイ ポイント10倍!
  • こども服全品SALE
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • ANAP Beauty Professional
  • インスタグラム
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる