HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ゲスやきゃりー、アジカンら豪華アーティストが360度ぐるりと...

ゲスやきゃりー、アジカンら豪華アーティストが360度ぐるりと会場を盛り上げたFM802【REQUESTAGE 13】ライブレポート

 ゴールデンウィークで街が賑わう4/29、FM802が主催する毎年恒例のライブイベントFM802「REQUESTAGE 13」が大阪城ホールで開催された。今年で13回目を迎えた本イベントはFM802のリクエスト番組「ROCK KIDS802」が“番組にリクエストされるアーティストのステージを、リスナーに生で観てもらいたい”という思いから2002年にスタート。今回出演するのは、ASIAN KUNG-FU GENERATION、[Alexandros]、WEAVER、きゃりーぱみゅぱみゅ、ゲスの極み乙女。、ソナーポケット、ナオト・インティライミ、秦基博の計8組。各アーティストが披露する楽曲は、事前にリスナーから集められたリクエストを基に選曲。客席はぐるりと360度、ステージを囲むように作られ、どこからでもステージが楽しめる作りに。会場に集まった1万3000人のオーディエンスらは、お気に入りの楽曲を目前に体感できるとあって、開演前から熱気が昂っていた。


 ライブスタート前にはFM802のDJ、大抜卓人と落合健太郎が登場。熱いトークで会場を盛り上げたあと、トップバッターで登場したのは関西出身の3人組、WEAVER! 杉本雄治(Piano&Vo)の美しいピアノの旋律が流れ、1曲目に披露されたのはREQUESTAGE13 SPECIAL MEDLEY。胸をキュンとさせる心優しい歌が会場中に温かく広がっていく。続く「こっちを向いてよ」、激しく打ちつけるようなピアノの音色に、河邉徹(Dr&Cho)と奥野翔太(Ba&Cho)が力強いリズムを合わせ、会場を盛り立てる。透明感あるピアノは言葉のひとつひとつを彩り、オーディエンスの心にしかと届いていくのを感じる。そしてステージはあっという間に最終曲へ。「自由に楽しんで」と、披露したのはテレビアニメのOP曲にも起用され、5/20にリリースが決定しているシングル「くちづけDiamond」。弾けるような軽快なリズムに、オーディエンスもハンズクラップで一緒になって弾け、彼らのステージが終了。3曲と短い時間ながら、しっかりとその存在感をリスナーに印象付けた。


 2番目手に登場したのは、こちらも本イベント初登場&大阪城ホールでのライブも初となる、ゲスの極み乙女。。ラジオで聴かない日はないというくらい知名度を大きく上げた彼らは、圧倒的な演奏スキルと多彩な楽曲でフロアの熱量を一気に引き上げていった。1曲目に披露されたのは1stシングル「猟奇的なキスを私にして」。川谷絵音(Vo&Gu)のギターが鳴り響き、ほな・いこか(Dr)のタイトなリズムで会場を躍らせる。ジャジーな雰囲気で漂うちゃんMARI(key)から始まる「デジタルモグラ」ではスリリングなリリックで、4/22にリリースされる2ndシングル「私以外私じゃないの」ではカオティックなギター、ドラマティックな展開の音の連続でオーディエンスを惹きつけていく。MCでは、360度オーディエンスに囲まれた会場に思わず驚いたという彼ら、緊張すると言いつつも相変わらずの緩いトークで会場を暖める。ライブも後半、6月にリリースが決定し、映画主題歌にも起用される「ロマンスがありあまる」をいち早く披露。カオスパッドやシンセを取り込んだ、いつもの楽曲とは違う展開でバンドの幅の広さをみせつけた。ラスト「キラーボール」、ジャジーでダンサブルな楽曲、圧倒的なバンドパワーで会場を盛り上げ、オーディエンスらに強力なインパクトを残していった。


 会場を温かな空気で包み込んだのはソナーポケット。1曲目「GIRIGIRI」、アッパーなパーティチューンにオーディエンスらは一気にヒートアップ!ぐるりと360度、会場全員でタオルを振り回す光景はただただ圧巻だ。続いて披露された「ファンファーレ」、“めちゃくちゃ楽しい!!”と話すko-dai(Vo)の言葉通り、底抜けにハッピーなナンバーで大きな一体感を生み出していく。そして雰囲気はガラリと変わり、“誰もが一度は経験したことのある悲しみ…”と「好きだよ〜100回の後悔〜」へ。ko-dai、eyeron(Vo)の2人が紡ぐ優しくも切ないリリックが心に響き、涙するオーディエンスの姿も見られた。“今日は短い時間だったけど、360度みんなを笑顔にします!!”と、最後に「365日のラブストーリー」へ。ステージではnotty(DJ)も一緒になってはしゃぎ周り、オーディエンスらと共に会場の雰囲気を存分に楽しんだ彼ら。続く、きゃりーぱみゅぱみゅへ熱いバトンを引き渡した。


 イベント前半を締めくくるのは、会場中から“カワイイ?!”の声が上がりまくったきゃりーぱみゅぱみゅ。ピンク×青のスペーシーな衣装を身にまとい、「ぱみゅぱみゅレボリューション」からライブスタート!キッズダンサーを引き連れ、ポップでダンサブルな楽曲で会場を彼女の世界観一色に染めていく。今回はリスナーからのリクエスト曲を中心に構成されているとあって、「インベーダーインベーダー」「にんじゃりばんばん」と立て続けに披露されるのはどれもキラーチューンばかり!オーディエンスも一緒になって踊り、ワンマンライブのように会場を盛り立てる。MCでは前日に大阪入りしたという彼女、グリコの看板前や映画「味園ユニバース」でもおなじみの味園ユニバースへ、友人のガリガリガリクソンと大阪を満喫したんだとか。ステージ後半、自身の思いの丈をぶちまけ世間を賑わした(本人も自虐的にコメント)新曲「もんだいガール」では、観客に振り付けを指導し、一緒になってライブを作り上げていく。ラスト「ファッションモンスター」、迫力あるロックサウンドにキッチュなリズム展開、そしてオーディエンスをひきこむようなダンスに魅せられ、会場中が彼女の虜に♪ 全5曲、あっという間に時間が過ぎていった。


 イベントもついに後半へ。本イベント、5年ぶりの登場となった秦基博は柔らかく色彩豊かな歌声で会場を幸福感あふれる雰囲気に包んでくれた。「鱗」で始まったステージはピアノの音色が鳴り出した瞬間、会場からは“待ってました”といわんばかりの大きな拍手が沸き起こる。歌詞に込められた世界観はまるで情景が見えるようにリアルで、思わず目を閉じて聴きほれてしまう。強靭なバックバンドを従え、軽やかに弾むナンバー「グッバイ・アイザック」ではオーディエンスの手拍子さえもバンドサウンドに代え、力強い世界観を生み出していく。


 MCでは、ゲスの極み乙女。が実は秦基博ファンだと打ち明けてきたと楽屋トークを暴露♪ 冗談を交えながら、ちらりと先輩風を吹かすトークに会場からは笑いが起きる。そして、本イベントへのリクエスト1位「ひまわりの約束」へ。シンプルなのに、どうしてこうも壮大なのか…。物語を紡ぐように優しく歌われる楽曲に、オーディエンスらは思わず手を握り締め聞き入っていた。そしてステージ最後に披露されたのが、本イベントが全国初披露となる、6/3にリリースされるシングル「水彩の月」(映画「あん」の主題歌にも起用)。切々と歌い上げる楽曲は美しくも力強さを感じる。全4曲、最後の最後までオーディエンスの心をぐっと掴むステージに大きな大きな拍手が贈られた。


 会場を一瞬にしてお祭り騒ぎに盛り立てたのはナオト・インティライミ! 1曲目「おまかせピーターパン」、初っ端からエンジン全開でライブに挑んでいく彼の姿に感化され、“1曲で満足やわ!”とナオトに言わしめるほどオーディエンスも一緒になってはしゃぎまくる。続く「タカラモノ〜この声がなくなるまで〜」、聴く者の心に寄り添うハートフルな楽曲で歌声をしっかりと聴かせると、「いつかきっと」では一転? ダイナミックなバンドサウンドに乗せ、力強い歌声で魅せる。ダンサーを引きつれ、ナオト自身も一緒になって踊った「The World is ours!」。ワールドミュージック全開のホットなサウンドに乗せ、コール&レスポンスで会場のチームワークがぐっと引き上げ、大阪城ホールがサッカースタジアムに姿を代えたかと思わせるほどの開放感ある熱量を放つ。熱いテンションはラスト「カーニばる!?」にも続いていく。ナオトは全力疾走でステージを右へ左へと走り、“お祭り男”の名に負けないパワフルなステージを見せつけた。


 残すステージもあとわずか、オーディエンスの残す体力を根こそぎ持っていくような鋭いライブパフォーマンスを見せた[Alexandros]。大きな歓声に迎えられ登場したメンバーは“最高のライブにしましょう!”と、「Starrrrrrr」でライブスタート! 圧の強いサウンドが一気に爆発する瞬間は最高に気持ちよく、白井眞輝(Gu)の唸るギターが会場中を駆け巡り、庄村聡泰(Dr)のソリッドなドラミングがオーディエンスの身体を躍らせ続ける。次曲「Dracula La」では変則的かつキッチュなサウンドが鳴り響く。大きなホールはもはやライブハウスのようだ。


 “めちゃくちゃ楽しい!!”、360度の会場を見渡し、川上洋平(Vo&G)が満面の笑みを見せる。“[Alexandros]以外のファンがいることも楽しんで。ワンマンライブだと思って。大阪城ホール、乗っ取らせてもらっていいですか!!”と、新曲「ワタリドリ」を披露。休むことなく弾け続ける磯部寛之(Ba)のリズムがより疾走感を増していく。“今日、めっちゃ楽しかったです!必ず大阪城ホールでワンマンやってみせますんで!”と、熱い気持ちを語る川上。ステージを締めくくる「Kick&Spin」、マッドでラウドな雰囲気を持つ楽曲に川上のハイトーンボイスが乗っかり、これでもかとフロアを盛り上げ、彼らのステージが終了した。


 リスナーとアーティスト、FM802のDJ陣、全員がひとつになって盛り上がったイベントもついに最後のステージへ。「REQUESTAGE」最多出演のASIAN KUNG-FU GENERATIONがファイナリストにふわさしい圧巻のライブを見せつけた。1曲目に披露されたのは「ソラニン」、初っ端から“これぞアジカン!”ともいえる強力なナンバーで観客を圧倒させる。次曲「君の街まで」、新旧織り交ぜたセットリストに会場からは歓喜の声が聞こえる。喜多建介(Gu&Vo)が繰り出すギターリフは聴くたびに癖になり、頭の中で心地良くループする。


 “どうもありがとうございます!”、集まってくれた観客に感謝の気持ちを伝えるも“(出演者の中でも)一番地味でしょ〜”と冗談をかまし、会場の雰囲気を柔らかくする。ゆるりとしたMCのあと、気合いを入れるように新曲「Easter/復活祭」、そして「アフターダーク」へ。スリリングなロックナンバーに乗せた後藤正文(Vo&Gu)の疾走感あるギターや山田貴洋(Ba&Vo)の強靭なリズムで会場に“アジカン”ワールドを作り上げていく。“最後までありがとう”と本編もラスト「君という花」、名曲の披露にオーディエンスが湧き立つ♪ ループするメロに虜になり、ステージから目が離せない。そしてアンコールでは会場全員でウェーブを作り、和やかな雰囲気を作ったかと思えば、絶妙なタイミングで打ち放たれたのが「リライト」! 最後の最後まで“らしさ”あふれるサウンドで盛り上げ、全6曲のステージが終了。


 今回のイベントの模様は6月8〜11日の21時から、FM802「ROCK KIDS 802-OCHIKEN Goes ON!!-」番組内にてオンエア予定♪ 今回会場に来られなかったリスナーはもちろん、熱いライブを間近に体感したリスナーにもぜひとも聴いてほしい!


協力:FM802


◎イベント概要
【FM802 SPECIAL LIVE REQUESTAGE 13】
日時:2015年4月29日(祝・水) OPEN=14:30/START=15:30
会場:大阪城ホール
http://funky802.com/requestage/

Billboard JAPAN|Daily News 2015年4月30日 16:50:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 全品送料0円!
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • ANAPONLINE公式インスタ
  • LINE ギフトコード当たる!
  • 送料無料クーポンをゲット!
  • ANAP Beauty Professional
  • HAPPYBAG30%オフ!
  • LINEスタンプ発売!
  • モバイルきせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる