HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > <連載 第1回>スパガ個別インタビュー:SUPER☆GiRLSはアイド...

<連載 第1回>スパガ個別インタビュー:SUPER☆GiRLSはアイドル界の読売ジャイアンツ? リーダー志村に訊く

 今年で活動5年という節目を迎えたアイドルグループ SUPER☆GiRLS(略称:スパガ)。avex初のアイドル専門レーベル iDOL Streetの第1弾グループにして、同レーベルのトップランカーとして活躍する彼女たちの個別インタビューを当連載ではお届けしていく。記念すべき第1回は、リーダーの志村理佳だ。


<リーダー就任後に初の増員、この春には卒業…… 激動1年を越えて>


 彼女がリーダーに就任したのは、結成からチームを牽引し続けてきた元リーダー 八坂沙織が卒業した昨年2月。同時にチーム初の増員として3名が一挙に加入した所から始まり、今年の春にオリジナルメンバーの1人 後藤彩の卒業と変化の多い1年になったが、最近では彼女のリーダー像も徐々に確立され、チームにその色が表出し始めてきた。


 自身のキャッチコピーにある“腹筋番長”というフレーズはもちろん、自ら「“てっぺんを獲りに行きたい”っていう人」と評するアグレッシブな性格は、最新シングル『ギラギラRevolution』にも色濃く反映された。このシングルは推進力の高い痛快なアッパーチューンとなったが、志村本人としては前述した新加入3名の影響も強く感じているようで、初心を思い出させる彼女たちの色でもあると新メンバーを慮る心配りはリーダーらしい一面といえるだろう。


<他グループからの移籍メンバーや後輩たちの影響で貪欲に>


 その新メンバー3名の中でも渡邉幸愛(こうめ)は、仙台を代表するアイドルグループ Party Rocketsからの移籍という形で加入し、アイドルシーンに大きな衝撃を与えた。志村に「きっぱりしてて、すごい努力家」と言わしめるほどのエネルギーを有した彼女は、瞬く間にスパガでもズバ抜けた人気を誇るキーパーソンに成長したが、リーダーとして心強さを感じながらも「負けたくないって気持ちもちょっとはあります」。


 また、現在のシーンはハロー!プロジェクトやAKBグループ、スターダストの3B juniorといったファミリーの活躍が目覚ましいが、それらと比べて「本当にまだまだ」「(スパガは)一緒に上を目指す気持ちが足りてなかった」と、志村は自身らを冷静に分析。同じiDOL Streetに所属するCheeky ParadeやGEMといった後輩たちの勢いに感化されたこともあり、これからはもっと貪欲さを打ち出していきたいと語気を強める。これまで、比較的穏やかな印象だったSUPER☆GiRLSだけに、ひたむきさを前面に出せれば現状を打破してビッグファミリーらと肩を並べることは決して夢ではないはずだ。


<アイドル界の読売ジャイアンツ? 今後の増員は……>


 一方、以前よりiDOL Streetの統括プロデューサー 樋口竜雄氏は、SUPER☆GiRLSでは12という数字にこだわると明言している。実際、楽曲にも“12”という歌詞が散見されるだけに、新たな増員も期待する所だが、志村は「新メンバーは無理やり入れる訳ではない」ときっぱり。


 iDOL Streetは今年の1月、クリエイターとパフォーマーの融合による新エンタメプラットフォーム Girls Street 2020を発足。4月よりアイドルを含む3部門でエントリーを募集しているが、新たな才能を見出だせなければずっと11人のままということだってあるという。ただし、前述した渡邉幸愛のように他グループからの移籍で加入させるケースにも「無きにしも非ず!」と含みを持たせており、スパガを往年の読売巨人軍やレアル・マドリードのようなスター軍団にしていく可能性を否定しない。


 無論、オリジナルメンバーだって負けてはいられない。この春から月9ドラマ『ようこそ、わが家へ』にレギュラー出演する田中美麗、大人気コミック『デスノート』のミュージカルに出演する前島亜美、近年はバラエティ番組での活躍が目覚ましい渡邉ひかると、各所でその才を発揮している。ここに各地のスターが加われば、混沌を極め始めた現在のシーンにあっても、唯一無二の輝かしい存在感を示すことすら十分にあり得るだろう。




 今年の目標として、悲願ともいうべきオリコン1位を掲げる彼女。祝日の4月29日にはiDOL Street総出のフェスイベント【iDOL Street Carnival 2015 〜GOLDEN PARADE!!!!!〜】を控えているが、結成5周年を迎える今年、リーダーとして大きく成長した志村理佳が見据えるのは単なる飛躍ではない。あのビッグファミリーたちと肩を並べたその先……。2015年のSUPER☆GiRLSは、何かが違う。




撮影:杉岡祐樹


◎SUPER☆GiRLS 志村理佳インタビュー
−−今年の3月に、結成当初からのメンバーの1人 後藤彩さんがチームを卒業しました。


志村理佳:やっぱりごっちゃん(=後藤彩)の代わりをできる子はいないので、スパガにとっても痛かったです。ムードメーカーだったし、その発言や行動でみんなが笑顔になれたし、レギュラーのバラエティ番組『SUPER☆GiRLSの超絶アドベンチャー!』(スカパー!プレミアムサービスch.663「アイドル専門チャンネルPigoo」で放送中)でも困ったらごっちゃんに振れば必ず笑いになる、みたいな。
でも、ごっちゃんがいなくなって「勢い落ちた」とか「面白くなくなったよね」とか言われるのは、絶対に嫌でした。それは他のメンバーもきっと同じで、だから逆にやる気になったし、より強く団結できたのかなって!


−−志村さんはリーダー就任から1年が経ちましたね。


志村理佳:リーダーに決まった当初は、本当に不安だらけでした。さおりーぬ(=八坂沙織)ならスラスラ言えてたコメントとかも、何回も何十回も噛んじゃったりとか……。でも、メンバーは責めることもなく「大丈夫、大丈夫」って言ってくれて、その優しさに救われた所もあるんですけど、やっぱり悔しいって想いは強かったですね。


−−ただ、最近は腹筋番長の異名を持つ志村さんのリーダー色が出てきたのか、「てっぺんを獲りに行くぞ!」みたいなアグレッシブな勢いが表出しているようにも思うんですよ。


志村理佳:確かにこれまでは誰かが先頭に立って……っていうグループではなかったですけど、私が「てっぺんを獲りに行きたい」っていう人なので、そういう色が出てきたのかもしれませんね。それに昨年春に加入した3人の影響で、色が変わってきたと思います。初心を思い出させてくれますし、ようやく1人1人に向上心が出てきたのかな、と。あと、やっぱり3人には負けたくないって気持ちもちょっとはありますよ(笑)。


−−3人の中でも、渡邉幸愛さんは一際目立ってますよね。Party Rocketsからの移籍で加入した幸愛さんが持つエネルギーは、iDOL Streetストリート生(=研究生)から上がってきたメンバーとは違う雰囲気があります。


志村理佳:なんかロックなんですよ!(笑) 男らしいというか、好きなものは好き、嫌なものは嫌ってきっぱりしてて、すごい努力家で。新たに加入すると、最初は覚えなきゃいけない曲がたくさんあるじゃないですか。幸愛は控え室とか移動中も一番DVDを観てたし、ずっと踊ってたりとすごく頑張ってたなって。
あと、喜びの表現がすごく大きくて、「あー、初めてのPV撮影!」とか「初めて行く地方!」とか「初めての海外!」とか……、そういう1つ1つをすごく喜んでくれてて。長く続けていく中で私たちが忘れていた気持ちを思い出させてくれるのは大きいと思います。


−−では続いて、SUPER☆GiRLSは現状のアイドルシーンでは、どういった立ち位置にいると思いますか?


志村理佳:いろんなファミリーがあるじゃないですか、AKBさんだったりとか、スターダストさんだったりとか、ハロプロさんだったりとか。それに比べるとiDOL Streetは本当にまだまだだなっていうところがたくさんあると思います。でも、やっぱりそこで負けてられないので、肩を並べられるように頑張っているところです。


−−今のスパガに足りていない部分はどこだと思いますか?


志村理佳:……欲、ですかね。スパガはアイドルに憧れてオーディションを受けたメンバーだけじゃなくて、女優さんとかモデルさんとかタレントさんとか、それぞれに夢を持った子が多いんですよ。今までは一緒に上を目指す気持ちが足りてなかったのかもしれませんね。
ただ、最近はもっと貪欲にいきたいと思っているんですけど、それを気づかせてくれたのがチキパ(Cheeky Parade)やGEMみたいな妹分なんです。あの子たちは勢いがあるし、てっぺんを獲りたいって本気で思ってる。私たちも負けてられないって気持ちになって、それが向上心にもなりましたね。


−−今メンバーは11人ですが、プロデューサーの樋口さんは「SUPER☆GiRLSでは12という数字にこだわる」と話をしています。新メンバー加入はあるのでしょうか。


志村理佳:それはメンバーもすごく気になっているところですね。やっぱり12という数字は歌詞の中にもたくさんあるくらいこだわってきたから、いい子がいれば入ってもらいたい気持ちはあります。『Girls Street 2020』のオーディションが始まりますが、何かに特化していたり本当にキラキラしている子がいたら、スパガになってもらいたいなって想いもありますし。


−−幸愛さんのような移籍は?


志村理佳:あるかもしれないですね!無きにしも非ず!


−−各地のスターアイドルを集結させて、往年のジャイアンツ(読売巨人)軍みたいなグループになっていく?


志村理佳:どうなんでしょう(笑)。ただ、新メンバーは無理やり入れる訳ではないので、(良い子が)いなければずっと入ってこない可能性だってあります。本当にどうなっていくのか想像できなくて、わくわくしてます!


−−また春がやってきて新しいスタートを迎える中で、志村さんはリーダーとして今年のSUPER☆GiRLSをどうしていきたい?


志村理佳:SUPER☆GiRLSは個人の活動を頑張りつつ、11人が集まったらすごい大きなパワーになるってグループになりたいんです。例えば田中美麗は春から月9ドラマ『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)に出演しますし、ひかるちゃん(=渡邉ひかる)が最近バラエティに出演したりとか、あみた(=前島亜美)だったらミュージカルだとか……。そうやって個々の仕事もやらせてもらえるようになってきているんですよ。私も4日間連続のライブがあった時に、その構成とセットリストを全部考えさせてもらえたりとか、本当にチャンスを経験させてくれるグループなので、その経験をどう還元していくかも1つの楽しみですね!


−−最後に、2015年の目標を教えてください。


志村理佳:オリコン1位を獲りたいですね。毎回、本当に悔しいんですよ!! デイリー1位は取らせていただいたことがあるんですけど、ウィークリーでは1回も獲れなくて……。ファンの方の中には「力になれなくてごめんね」って謝ってくださる方もいるんですけど、そんな風に謝らせている自分が悔しい。一緒に喜び合いたいし、ファンの方に謝らせたくないなって。今年こそ! 1位! 獲りたいです!

Billboard JAPAN|Daily News 2015年4月3日 12:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE
  • 海外発送
  • HAPPYBAG30%オフ!
  • ANAP Beauty Professional
  • LINEスタンプ発売!
  • モバイルきせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる