海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ヴァン・モリソン【ティーンエイジ・キャンサー・トラスト】...

ヴァン・モリソン【ティーンエイジ・キャンサー・トラスト】新作リリース記念ライブレポート、ロジャー・ダルトリーらと共演も実現

 ザ・フーのロジャー・ダルトリーが長年に亘って支援を続けている【ティーンエイジ・キャンサー・トラスト】の一環として行われたヴァン・モリソンの新作『デュエット:リワーキング・ザ・カタログ』の発売記念コンサートが3月25日(イギリス現地時間)にロイヤル・アルバート・ホールで開催。アルバムで共演したクレア・ティール、P.J.プロビーー、ジョージィ・フェイム、ミック・ハックネルがゲスト参加した他、ザ・フーのロジャー・ダルトリーとの夢の共演も実現したライブレポートが到着。


 「ティーンエイジ・キャンサー・トラスト」は英国の10代の癌患者を支援する慈善団体。ザ・フーのロジャー・ダルトリーをはじめ、ロック界にも支援者が多い。その設立15周年を祝って、今週ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでは、ザ・フー、ポール・ウェラー、ノエル・ギャラガー、ステレオフォニックスら英ロック界を代表する面々による連続チャリティ・コンサートが行われている。その3日目に登場したのが、そんな大物たちの中でも、別格のヴァン・モリソンだ。


 ヴァンはちょうど豪華なゲストと自分の隠れた名曲を再演した話題のニュー・アルバム『デュエッツ:リワーキング・ザ・カタログ』を発売したばかり。その新作に参加した中からの数人を「ヴェリー・スペシャル・ゲスト」に迎えての特別なイヴェントともなった。


コンサートはヴァンがサックスを吹くインスト曲で幕を開けた。3曲目で早くも最初のゲストが登場。女性ジャズ歌手クレア・ティールと新作から「キャリー・ア・トーチ」をデュエットする。共演相手が出てきたとたんにヴァンの歌声が迫力をぐんと増したのがおもしろい。2人が続いて歌ったのは、名盤『アストラル・ウィークス』からのジャジーな「ザ・ウェイ・ヤング・ラヴァーズ・ドゥ」という嬉しい選曲で、ここではキーボードのポール・モランがトランペットに持ち替えてソロを吹いた。


 現在のヴァンのバンドは4リズムに女性歌手という小編成だが、モランがペットを吹き、主役が多くの曲でサックスを吹くので、2管のホーン入りにもなる。そしてギターもベースもエレクトリックとアコースティックの両方で達者な腕を披露。ジャズもブルーズもR&Bも楽々こなす実に巧いバンドである。


 次はブルーズの時間。ゼム時代のレパートリーの「ベイビー・プリーズ・ドント・ゴー」ではハーモニカも吹く。そしてロジャー・ダルトリーが呼び出される。ぶっつけ本番に近かったようだが、ロジャーが「俺たちは同じ時代に同じ種類の音楽を好んで育った」と話したように、ブルーズは彼らの共通言語だ。「トーク・イズ・チープ」を一緒に歌った。


 3人目のゲストはP.J.プロビー。60年代の人気歌手に何が起きたのか、とヴァンがその名前を歌い込んだ曲を当の本人が歌った「ホワットエヴァー・ハプンド・トゥ・PJ プロビー」は新作の聴きもののひとつだが、今夜はその曲にP.J.が書いた返答歌が続く憎い構成だ。そして2人でサム・クックの「ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー」も歌った。


 90年代に長らくヴァンのバンドで番頭格を務めたジョージィ・フェイムはゲストというよりも、古巣への復帰という感じ。新作からの「ゲット・オン・ウィズ・ザ・ショウ」他3曲で歌とハモンド・オルガンを担当。バンドは軽やかにスウィングし、ヴァンのスキャットも飛び出した。そのノリそのままに、95年の人気曲「デイズ・ライク・ディス」もジャズぽく、ヴァンはメロディーをかなり崩して歌う。


 今回はヴァンの幅広い音楽性のうち、ジャズとブルーズの側面が強く出ていたが、最後のゲスト、シンプリー・レッドのミック・ハックネルがその雰囲気を変える。新作で彼が歌った「ストリート・オブ・アークロー」は74年の名作『ヴィードン・フリース』から。ヴァンがアイリッシュのルーツを見つめ始めたアルバムである。それにしても、あのハックネルも大先輩の前では控え目だ。そんな彼を曲の終盤でヴァンがギターで煽り続けた。


 終盤にかかり、たくさんのジャズ歌手にも取り上げられてきた「ムーンダンス」はいつも以上にメロディーをフェイクして歌われ、バンド全員のソロも。67年のヒット「ブラウン・アイド・ガール」には驚いたが、これも編曲を大きく変えていた。あくまで今の解釈で歌うところが、ヴァンである。


 締めくくりは『ムーンダンス』からの名曲「イントゥ・ザ・ミスティック」。ゆっくりとしたテンポで歌われたが、後半はお得意のフレーズの繰り返しや唸り声など、これぞヴァン節という即興になり、ハンドマイクに持ち替え、「これを切り抜けるんだ。心配するな、ベイビー」といったフレーズを繰り返しながら、ゆっくり舞台下手に消えていった。


 アンコールは、86年の『ノー・グル、ノー・メソッド、ノー・ティーチャー』からの「イン・ザ・ガーデン」。ここでもアルバム表題となったフレーズをはじめ、執拗な繰り返しのヴァン節全開で、否応なしにも彼の世界に引き込まれていく。彼は再び歌いながら舞台から去り、コンサートは終演となった。


 その歌唱のパワーはほとんど衰えを感じさせないし、サックス、ギター、ハーモニカを次々持ち替え、バンドをぐいぐい引っ張っていくミュージシャン、バンドリーダーとしての能力も健在だ。5月に70歳になるヴァン・モリソンだが、これからもまだ活躍が期待できる。そのことを確信した素晴らしいコンサートだった。


Text:五十嵐 正
Photo:GettyImages


◎【ティーンエイジ・キャンサー・トラスト 『デュエット:リワーキング・ザ・カタログ』の発売記念コンサート】
2015年3月25日(水)ロイヤル・アルバート・ホール Set List:
01. Celtic Swing
02. Higher Than The World
03. Carrying A Torch (with Clare Teal)
04. The Way Young Lovers Do (with Clare Teal)
05. Baby Please Don’t Go 〜 Parchman 〜 Don’t Start Crying Now
06. Talk Is Cheap (with Roger Daltrey)
07. Whatever Happend To PJ Proby (with PJ Proby)
08. P.J. Proby Calling Van Morrison (by PJ Proby)
09. Bring It On Home To Me (with PJ Proby)
10. Precious Time
11. Get On With The Show (with Georgie Fame)
12. The New Symphony Sid (with Goergie Fame)
13. Centerpiece (with Georgie Fame)
14. Days Like This
15. Streets Of Arklow (with Mick Hicknail)
16. Moondance
17. Magic Time
18. Brown Eyed Girl
19. Into The Mystic
En-1. In The Garden


◎リリース情報
『デュエッツ:リワーキング・ザ・カタログ』
2015/03/25 RELEASE

Billboard JAPAN|Daily News 2015年3月27日 20:33:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • 夏バーゲン開催中!
  • 楽天ペイ
  • アウトレットバーゲン
  • ビーチアイテム
  • GUESSオープン!
  • ANAP Beauty Professional
  • LINEスタンプ
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる