HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > メーガン、マドンナ、カーリー…3歌姫対決を制したのは? ロン...

メーガン、マドンナ、カーリー…3歌姫対決を制したのは? ロンソン&マーズ、ファレルらロングヒット組にも引き続き注目

 今週のBillboard JAPAN洋楽チャートはメーガン・トレイナー、マドンナ、カーリー・レイ・ジェプセンという3歌姫による頂上対決となった。


 見事1位を獲得したのはメーガン・トレイナーの「オール・アバウト・ザット・ベース〜私のぽちゃティブ宣言!」。同曲はこれで見事に3週連続の1位獲得、20週目のランクインとなった。2位のマドンナ「リヴィング・フォー・ラヴ」は、エアプレイ・チャートで1位を獲得し、トップまで僅差に迫ったものの、デジタル・セールスの差を覆せず1位獲得とはならなかった。


 その上位2曲を猛追するのが、カーリー・レイ・ジェプセンの「アイ・リアリー・ライク・ユー」。こちらはデジタルセールスが好調で、洋楽としてはダントツの1位。先週の4位から更に一つ順位を上げ3位につけた。今後、エアプレイの伸び次第では、一気にトップに押し上がる可能性がある注目作だ。


 そのカーリーに押し出される形で4位となったマーク・ロンソン「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」だが、いまだデジタル・セールスは堅調、十分総合1位圏内に控える。米Billboard Hot 100では11週連続1位という驚異的な強さを誇る同曲。ロンソン自身、3月24日には実に10年ぶりとなる単独来日公演を行うなど、日本でのPRがどう実を結ぶか。今後のチャート・アクションが見逃せない。


 そのほか、8位のテイラー・スウィフト「シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!」は30週目のランクイン。さらに、9位のファレル・ウィリアムス「ハッピー」は62週目のランクイン、とそれぞれ大ヒット曲としてすっかり世の中に定着しつつある。既に今後の来日公演も決まっている両者だけに、この超ロングヒット2曲がこの後どう動くかにも注目したい。

Billboard JAPAN|Daily News 2015年3月25日 14:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 送料無料クーポンをゲット!
  • 海外発送
  • LINE ギフトコード当たる!
  • 対象アイテム70%オフ
  • ANAP Beauty Professional
  • HAPPYBAG30%オフ!
  • LINEスタンプ発売!
  • モバイルきせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる