HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 新垣結衣主演映画『くちびるに歌を』初日舞台挨拶で「私も辛...

新垣結衣主演映画『くちびるに歌を』初日舞台挨拶で「私も辛くなったらこの映画を観て勇気を貰いたい」

 2月28日(土)女優の新垣結衣が主演する映画『くちびるに歌を』の公開初日舞台挨拶が東京・新宿ピカデリーにて行われた。


 アンジェラ・アキの楽曲「手紙〜拝啓 十五の君へ〜」のテレビドキュメンタリーをもとに中田永一が書き下ろした同名小説を原作とした同映画。出演者は、教師役をつとめた新垣結衣に加え、共演の木村文乃、桐谷健太、監督の三木孝浩、そして、生徒役をつとめた合唱部キャストが勢ぞろい。卒業式さながらの豪華舞台となった。


 イベントは合唱部12名による「手紙〜」の合唱から開始。映画本編と各地の試写会で披露してきた息の合った歌声を感動的に会場に響かせた。


 合唱終了後は新垣、木村、桐谷、三木が登壇。新垣は合唱部の歌声について「何回も会場で聴いているのですが、回を重ねるごとに良くなっていて、聴くたびにみんなの歌声が違う表情を見せてくれる。今では、アンジェラ・アキさんの曲を聴くと、みんなの歌声を思い出すほど。素敵な思い出をありがとう。という気持ちです」。桐谷は「みんなの歌を聴いていると、思わず一緒に歌ってしまう」とコメントしつつ「でも、いつも(木村)文乃に止められるんですよ(笑)」と会場を和ませた。


 木村は映画で演じた妊婦という難役に「スタイリストの方が出産の経験があったので、演技の細かいところを確認しながら取り組みました」とコメント。また、三木監督は撮影の思い出について「地元の方との触れ合いがあって、地元の方と一緒に作れたというのが凄く財産になったと思う」とまとめた。


 その後、合唱部メンバーへのサプライズとして“卒業証書授与式”が行われ、新垣からメンバーそれぞれへのメッセージを込めた祝辞を読み上げた。思わぬ展開に合唱部の面々が驚きと歓喜に包まれる中、新垣から合唱部代表の恒松祐里に卒業証書が渡される。恒松は「こういうのは本当に苦手なんですけど」とはにかみながら涙を浮かべ、スタッフやキャストへの感謝の言葉を述べた。

 最後は三木監督がもう一度「皆さんに愛して頂ける作品になると嬉しいです」と挨拶。新垣は「観て下さる方に、生徒たちの歌声で勇気を与えられる映画になったと思います。私も辛くなったらこの映画を観て勇気を貰いたいと思います。」とまとめた。生徒、教師がお互いを称え合う、同映画に似合いの感動的なイベントとなった。


◎映画公開情報
『くちびるに歌を』
2015年2月28日(土)全国ロードショー
info:http://kuchibiru.jp/

Billboard JAPAN|Daily News 2015年2月28日 20:00:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる