HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > テイラー・スウィフトを発掘したボーチェッタが大手代理店と契約

テイラー・スウィフトを発掘したボーチェッタが大手代理店と契約

 ビッグ・マシーン・レーベル・グループ社長兼CEOのスコット・ボーチェッタが、米大手エージェンシーのCAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)と契約した。ハリウッド・リポーターの報道により明らかになった。


 ボーチェッタは10年前、ビッグ・マシーンの最初の5つのレーベルと音楽出版社1社を立ち上げ、初めにテイラー・スウィフトなどと契約。現在は所属アーティストとしてティム・マックグロウ、ラスカル・フラッツ、フロリダ・ジョージア・ライン、ザ・バンド・ペリー、ブラントリー・ギルバート、リーバ・マッキンタイア、マルティナ・マクブライド、ジャスティン・ムーア、イーライ・ヤング・バンド、ザ・マーヴェリックスなどのカントリー・スターたちを抱え、グループ全体でみると計50曲以上のNo.1ヒットを世に出している。


 今年、ボーチェッタは米人気オーディション番組『アメリカン・アイドル シーズン14』にメンター(コーチ)として出演しており、ビッグ・マシーン・レコード/ユニバーサルが優勝者のアルバムをリリースする予定だ。また、テレビ絡みで同グループはABCテレビのドラマ『ナッシュビル』のサウンドトラックなどを担当。同社はこれまでにトータルでアルバム5,000万枚、シングル・ダウンロード数は1億以上を売り上げている。


 また映画においては、ボーチェッタはグレン・キャンベルのドキュメンタリー映画『Glen Campbell: I'll Be Me』でサウンドトラックとあわせてエグゼクティブ・プロデューサーを務めた。そこからのリードシングル「I'm Not Gonna Miss You」は、今年の【グラミー賞】最優秀カントリーソング賞を受賞したほか、【アカデミー賞】では歌曲賞にノミネートされた。


 CAAはスコット・ボーチェッタに対し、映画、テレビ、演劇など様々なプラットフォームでチャンスを作り出す支援をする。最近では、ビルボードの【Power 100】(もっとも影響力のある100人)で23位に入ったボーチェッタ。カントリーミュージックを米国中に広めた功績を称えられ、Country Music AssociationのJo Walker-Meador Awardを受賞しているほか、5月にはMusic Business AssociationのPresidential Awardを受賞する。

Billboard JAPAN|Daily News 2015年2月26日 16:08:00 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [Billboard JAPAN|音楽ニュース]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる